為替のドルで大損!?マイナス18万の損切をする【初心者用】

2019年10月10日副業で稼ぐ

為替取引のFXでの9月25日の収支報告です。FXは失敗すると怖いなと言う話をします。

9月25日は、主にドルの取引をして結果-186018円の損切をしました。

私自身も初心者ですが「これからFX始めようかな」「FXって何だろう」て方のために解説を入れながら、同じ失敗をしないような取引方法を書いていきます。

①収支報告
②資金管理について
③レバレッジについて



為替のドルで大損!?マイナス18万の損切をする【初心者用】


(画像クリックして拡大:画像はエクセルのもの)

FXって何っていう方は、以前FXについて説明しているのでこちらをどうぞ。


結果から言うと、資産管理ができずに約-18万6千円となりました。

USD/JPYでは-658円
USD/CHFでは-185,427円

もうね、叫びたい気分でした。以前の記事では「12298円儲かりました~」と言っていたのに、その次の日にはこれですよ。

これが為替取引の怖いところであり、面白いところでもあるんですが…

為替取引で重要となるのが“資金管理"ですが今回はこれができていなかった上に、精神的にも落ち着いて取引をしなかったことが失敗につながったと思います。

落ち着いた取引をしないと私のように失敗するため、失敗したくない方は、自分ルールを守ることをおススメします。

18万損切になった経緯

今回USD/CHFを"売り"でエントリーして行きました。

画像が荒くて見にくいですが、赤いラインを引いているところからエントリーを始めました。

赤いラインから「下がれば儲け」「上がれば損」となります。

私のエントリーの仕方は、いずれここより下がるだろうというところから始め、上がり始めたら「売りのエントリーを増やす」方法でやっていました。

緑の点線の部分が、私が保有していたポジションです。

エントリーしたところから上がっていったため「売りのエントリーを増やす」ことをしていった結果、かなりのポジション数となってしまいました。

これから下がればもちろん「利益」になりますし、上がれば上がるほど「含み損」が増えていきます。

含み益や含み損とは?
・含み益(ふくみえき)とは決済していない利益のことで、そのまま決算をすれば儲けとなります。
・含み損(ふくみぞん)とは決済していない損失のことで、そのまま決算をすれば損失となります。
FXでポジションを持つと、為替の値動きにより含み益や含み損が、チャート上に表示されます。同じ意味で使われる言葉が「評価益」「評価損」。
ポジションを増やしながら含み損が増えていく時は、かなりの緊張感で「今すぐ止めたい」と思っていました。

マイナス18万になるまえに、利益になるばしょがあった!?

ポジション数を増やしていき中で、一度だけ利益になった場所がありました。

画像の丸枠の部分で決算をしていれば、9000円以上の儲けでした。

なぜココで決算をしなかったかと言うと、タイミングを逃しました。

一瞬の出来事で、決算ボタンを押すのが間に合いませんでしたね。

この後一気に値が上がっていった為、そこで決算すれば-18万とはならず、最小限の傷で収まったでしょうね。

ここで出てきたのが

また下がって、取り戻せるんじゃないか?

という、根拠のない欲。

この時はタイミングを逃してしまった喪失感から、正常な判断ができていない状態でした。

資金が少ない状態から、欲を出してポジションを増やし、資金管理が甘かったせいで大損という結果になってしまいました。

もともとは21万円で運用していましたが-186000円となり

残金約2万円

へと変わってしまいました。

為替のドルで大損しないための、資金管理とレバレッジ

今回私が失敗した最大の理由は、資金管理不足と欲を出してしまったこと。

FXはレバレッジが効いている取引のため資金管理は、かなり重要となってきますが「儲けたい」と人間の欲が出てきてしまいました。

「儲けるためにお金をつぎ込む」というのは、大損する典型的なパターンです。

ギャンブルでもそうですが、負けが増えれば増えるほど「取り戻したい」と思うため、賭ける金額をどんどん増していき、結局はすべてなくなることになります。

FXで必要な資金管理とは何でしょうか?

大損しない資金管理1%ルール

FX以外でも同じなんですが、投資はリスクを伴います。

リスクを最大限に回避する方法が、資金の1%ルール。

以前のバイナリーオプションの自分ルールの記事では「資金の10%以下で賭ける」と言っていましたが、バイナリーオプションは短時間で決着がつき、ほぼ2択のためそれでもいいんですが、FXや株の投資はいろんな手法があるため、さらにリスク管理をしていかなければいけません。

そのためFXの資金管理の中でよく出てくるのが1%ルールや2%ルール。

簡単にいうと、私の場合

21万円の資金があったら、使うのは2100円

賭ける資金が少ないため、儲けることができる金額も少ないですが「勝つこと」よりも「負けてもリスクがない」方法で取引をするのが、長く続けていけて資金を増やしていける方だと思います。

21万から2100円なくなったところで、なんとも思いません。

「増やそう」と大きく出てしまったことで、大きな損失が出てしまったため「1%ルールは大事」今回はそれを痛感しました。

FXのレバレッジとは?

大きく負けた理由の一つでもあるんですが、レバレッジ取引をしていました。

レバレッジとはお金を担保に、自分の資金以上に取引できることを言います。

自分の資金以上に取引できるものですから、自分の資金以上に損失が出れば借金となります。

私の場合資金21万円あったわけですから

レバレッジ1倍21万円までの取引が可能
レバレッジ10倍210万円までの取引が可能
レバレッジ100倍2100万円までの取引が可能

となります。レバレッジを上げていけば証拠金と言う担保が必要になってきますが、証拠金についてはいずれ記事を書いていこうと思います。

例えばレバレッジ10倍取引での損益は、1通貨100円のものを「買い」でポジションを持った場合

101円になると、利益10円
99円になると、損失10円

レバレッジ100倍になると

101円になると、利益100円
99円になると、損失100円

と言う風になってきます。

正直初心者からすると、訳が分かりません。

そのため初心者のうちは、レバレッジ5倍くらいでコツコツやって、チャートの見方や取引のコツを練習していくのがいいのかなと思います。

リスキーな取引をして「大きく儲けよう」とせず、コツコツ稼いで慣れていくのが、FX取引で「失敗」しない方法の一つだと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ

まとめ

  • 無理な取引をしない
  • 資金管理、自分ルールを守るのが「負けない方法」
  • 初心者のうちはレバレッジを低くする

今回のマイナス18万はかなりショックでした。損失が出るといつも思うのが「あの時ああしてればよかった…」

後々後悔しても遅いことはわかっているんですが、やっぱり後悔してしまいますね。

後悔して落ち込んでいる間は、取引をしない方がいいですね。

気持ちが戻ったら、またコツコツ取引をしていこうと思います。

スポンサーリンク