職場の人間関係はとても大変?体験した職場の人間関係も紹介!

2019年10月5日人間関係解決

職場の人間関係はとても大変!私が実際に体験した職場の人間関係についても紹介!

社会人になれば多くの悩みを抱えることにもなります。

仕事をしなければお金を得ることができないので、仕事に関する悩みや人間関係に関する悩みなどは仕方のないことと思っている人もいるでしょう。

しかし、近年仕事に関する悩みや職場での人間関係の悩みのせいで鬱になってしまうという人も増えているという事実もあります。

仕事に関する悩みは誰かに相談したり、工夫することが回避できることも多いのですが、職場の人間関係はそうはいきません。

では、今回は職場の人間関係について実体験を加えながら紹介していきます。

職場の人間関係に悩んでいる人はどのくらいいるの?

職場の人間関係で悩んでいる人はどのくらいいるのでしょうか?

私の友人や知人に「職場の人間関係で悩んだことがある?」と聞いてみました。

約20人ほどに聞いてみたのですが、20人のうちの9割の人が「悩んだことがある!」と答えてくれました。

さらにどのようなことで悩んだのか?と詳しく話を聞いてみると、下記の回答を得ることができました。

(女性/20代)・上司との人間関係で悩みました。上司と私の価値観が合わないのはもちろんですが、それを上司は押し付けてきたり、私のことを否定してきたりするんです。ホントにどうすればいいか?と悩みましたね。
(女性/20代)・私は上司には恵まれましたが、同僚や先輩に悩まされました。陰でこそこそと言われているのも知っていましたし(笑)私にも原因があったのか?と悩みましたが、ただ単なる妬みでした。ホントに面倒くさいです。

上司に限らず、同僚や先輩との人間関係で悩んでいるとのことでした。

男性と女性どちらが多いの?

男性と女性で職場の人間関係で悩んでいる人はどちらが多いのか?と疑問に思ったので、上記でアンケートに答えてもらった人たちで統計を取ってみました。

すると、男性は1割、女性は9割という割合を得ることができました。

職場の人間関係で悩んでいるという人は女性のほうが割合が多いということですね。

それはなぜなのか?と思ったので、職場の人間関係で悩んでいないという男女、悩んでいる男女にさらに詳しく話を聞いてみました。

(男性/20代)・職場の人間関係で特に悩みはありません。男ってねちねちすることないですし、上司から何を言われても右から左に流しています。同僚や先輩もお互いのことを理解していますし、別に陰で言われるようなこともないですしね。みんな仲いいですよ。
(男性/20代)・職場の人間関係で悩んでいます。上司が業務外の時間に仕事を押し付けてきたり、仕事を大量に押し付けてきたりします。もうパワハラですよね。同僚や先輩も見て見ぬふりですしね。
(女性/20代)・職場の人間関係で悩んでいません。男性が多い職場なので悪口を言われたりすることもありませんし、女性の多い職場よりは楽ですね。上司も男性ですが、確かに古い考え方を持っています。ですがこの人はこういう人と割り切っています。男性と仕事していると、こんな考え方になるのかもしれません。

悩んでいる人と悩んでいない人では考え方はもちろんですが、職場の環境も大切になってくるのかもしれませんね。

職場の人間関係で私が実際に体験したこと

私自身、職場の人間関係で悩んだことがありました。

私の場合は上司と同僚でした。

上司は頭ごなしに偉そうに話をしてくるし、同僚からは陰口を言われたりもしていました。

仕事自体は好きだったのですが、職場が嫌いになりました。

職場に行きたくないと強く思いました。

しかし、このままではダメだと思ったんです。

なので、私の場合は転職しました。

転職と言っても、同じ職種に転職し、職場を変えたという感じです。

今は人間関係に恵まれ、上司が優しいので気を使うこともありませんし、部下の気持ちを理解してくれます。

さらに同僚もとても親切にしてくれ、仕事も一緒に協力してできているので、仕事がさらに大好きになりました。

実際に同じ様なことを体験した人がたくさんいる

実際に同じようなことを体験した人がたくさんいます。

私がアンケートを取った人の中にも、私と同じような体験をして転職をした人がいますし、職場を変えずに頑張っている人もいます。

職場を変えるのではなく、自分の考え方を変えたり、仲間を作ったりするのもいいでしょう。

人間、この人とは合わない、この人とは合うというのが必ずあるのです。 

職場の人間関係は、なぜ大変なのか?

なぜ職場の人間関係は大変なのでしょうか?

職場の人間関係が大変な理由としては、人間の心理に関係してきます。

人間は一度苦手意識を持ってしまうと、なかなか苦手意識を克服することができません。

その苦手意識というのは、誰にでも言えることです。

上司と自分でお互いに苦手意識を持ってしまうと、上司も自分のことを苦手に思われてしまい、さらに上司は自分に攻撃的になってしまうこともあります。

さらに自分の一度の失態やミスなどによって、同僚などから悪くみられてしまう、悪い印象を与えてしまうこともあります。

たった一度のミスや失態が一生の出来事に繋がってしまうのです。

人間というのは面白いもので、一度ついてしまったレッテルはそう簡単に剥がすことができませんし、一度苦手と思ったことを克服するのはとても難しいものなのです。

職場の人間関係を良好に保つためには?

職場の人間関係を良好に保つにはどのようにしたらいいのでしょうか?

職場の人間関係を良好にしようと心がける必要は全くありません。

大切なのは

・気にしない
・はっきりと思っていることを言う
・仲間を見つける

ということが大切です。

何があっても気にしなければいいのです。

少し難しいことかもしれませんが、気にしすぎると精神的にも疲れてしまいます。

今日はこんなことがあったな!程度にとどめておき、ストレスが溜まらないように自分の好きなことをしてその日の出来事を忘れてしまうというのも1つの手です。

さらにもし、言われて嫌なことを言われた、上司に無理なことを言われた場合などは、はっきりと言いましょう。

悪いことは悪い、できないことはできないと意思表示をすべきです。

また、会社に仲間を見つけるのも大切なポイントです。

仲間がいるだけで励まし合ったり、職場の愚痴を言い合ったり、共感することもできます。

これだけで気持ちもスッキリとしますし、仲間がいるというのはとても嬉しいことなのでオススメです。 

職場の人間関係は自分次第!転職もあり!

今回は職場の人間関係について実体験を加えながら紹介してきました。

職場の人間関係は難しいものです。

上手くいっている人もいれば、上手くいかずに悩んでいるという人もいるでしょう。

職場の人間関係は誰しも悩む道です。

私自身も職場の人間関係で悩んだ一人です。

職場で働いている人とみんな同じ考え方で、同じことを思っているというのはあり得ませんし、もしそうだった場合、会社は成績を伸ばすことができません。

なので、職場の人間関係は自分で上手に解決していく他ないのです。

もし、これ以上自分には難しいなと思った場合は、違う職場に転職するというのもありです。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

  • 職場での悩みは9割が持っている
  • 苦手意識を持たないように「気にしない」
  • 自分で解決できない場合は転職もあり

仕事をしている限り人間関係の悩みはなくならないですよね。

悩みがほとんどない1割の人たちは、仕事がさばけて優秀な人が多い印象でした。

1割の人は人間関係に悩む前に、自分の目標や目的を大事にしている人達なのかもしれませんね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ

スポンサーリンク