【超簡単】職場でストレスをためない!人を操る言葉の使い方

2019年10月5日人間関係解決

「頼んだのにしてくれない」「先輩に物事を頼みにくい」こんなことを思って、ストレスを貯めていませんか?

職場で嫌味なく人を操る言葉を使って、ストレスを貯めないようにする方法を紹介します。

この方法を使って、私は人に頼みごとをした時に断られることがなくなりました。  

【超簡単】職場でストレスをためない!人を操る言葉の使い方

先輩や同僚に頼みごとをするときに、言葉に迷った経験ありませんか?

「こんな風に言ったら、上から言っているように聞こえるかも」「断られたらどうしよう」そんな悩みを、解決する手伝いが出来ればいいなと思います!

職場で人を操る謙虚な姿勢

謙虚な姿勢でいることは、頭でわかっていても難しいものですよね。

嫌いな相手や苦手な相手に対しては、どうしても謙虚な姿を見せることができません。

嫌いな相手や苦手な相手に、なぜ謙虚な姿を見せる必要があるのでしょうか?

自分が優位な立場になるため

「優位な立場と謙虚は矛盾してない?」と感じるかもしれませんが、考えてもらいたいのは世にいる"資産家"や"成功者"はほとんどの人が謙虚なんです。

例えで言うと

livedoorNEWS引用

ソ○トバ○クの社長は謙虚さのお手本みたいな人ですよね。

腰が低く、いつも頭を下げているイメージがあります。

「結果を出しているから優位な立場にいるだけで、謙虚さは関係ないんじゃない?」と感じる人もいると思いますが、資産家や成功者にこんなイメージの人は少ないはず。

高圧的で、傍若無人(ぼうじゃくぶじん)なひと

謙虚であることは、自分の立場を作る一つの手段でもあるのです。

傍若無人(ぼうじゃくぶじん)とは
他社のことは気にも留めず、自分の思うがままに勝手に振舞うこと。

職場における謙虚な姿勢とは? 

謙虚とはなに?と言われても、言葉で説明するのは難しいですよね。

そのため、いくつか謙虚な姿勢の例を紹介します。

謙虚な例①人に頭を下げる
②失敗を他人のせいにしない
③我慢強い
④見返りは求めない
⑤丁寧な言葉使い

謙虚な人は、まず他人のことを考えて言葉を発したり、行動を取っています。

そしてすぐに感情的にならず、恩着せがましい様子もありませんよね。

この謙虚な姿勢の結果が「人を操作する」ことにつながっています。

あなたの知っている謙虚な人の、頼みを断っている人を見たことありますか?

職場で断られない謙虚な言葉

一生懸命言葉を考えて頼んだのに、断られたり嫌がられるのは辛いものです。

断られないためにはあなたの言葉が、どのメッセージなのかが重要です。

①命令的なメッセージ

言われた側からしたら命令されているような、メッセージになっていませんか?

そのコップを取ってください

この言葉に対して感想があるとすれば「自分でしたらいいのに」「なんで私が…」だと思います。

この言葉の背景には謙虚さが感じられず「あなたがするべき事」だと、押し付けている印象を与えます。

○○を「してください」「取ってください」のような言葉は、上から目線で命令されているようなメッセージに聞こえるため、たとえどれだけ優しく伝えたり、リアクションをとっても不快に思われ、自分が思う行動を取ってくれないことが多いです。

特に職場と言う、縦社会の中では年下や後輩や部下に言われたら、良い思いはしないでしょう。

②疑問的なメッセージ

疑問を投げかけるようなメッセージを使っていますか?

そのコップを取ってもらってもいいですか?

この言葉に対して感想があるとすれば「いいですよ」「しょうがないな」だと思います。

この言葉の背景には謙虚さが感じられ「自分でするべきことだけど、頼んでいる」と印象を与えます。

○○を「お願いしていいですか?」「してもらってもいいですか?」のような言葉は、協力を求めているメッセージに聞こえるため「手伝ってあげよう」と思わせる効果があり、ほとんどの場合断られません。

疑問的なメッセージで言われたら、日本人特有のやさしさも相まって、断られず、自分の思うように人は動いてくれると思います。

職場で断られない謙虚な言葉のコツ

最後になりますが、②の疑問的なメッセージを使って言っているのに「思うように動いてくれない」「忘れられている」という問題が起きた場合。

私が思うに、職場で一番"かしこい人"なのは"バカのふりが出来る人"だと思います。

勉強ができないとか、物覚えが悪い"ふり"をしている人を見ると「この人は人を操る能力があるな」と感じます。

疑問的なメッセージを使いながら、物事を頼んでも忘れられている場合は、単純に"手伝う気はあるけど後回しにしている"ものと思われ、後回しにされているから"忘れてしまっている"んだと考えられます。

そのため"バカのふり"をして、相手に同じことを何度も伝えてみてください。

もしかしたら「この前も聞いたよ」と言われるかもしれません。その時は

本当ですか?すみません!

と、忘れていたふりをして同じ内容を相手に伝え、印象に残してもらいましょう。

疑問的メッセージを使いながら、言ったことを忘れている"バカのふり"をしていくのが、かしこく人を操作する手段の一つだと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ

まとめ

  • 人を操作するためには謙虚な姿勢を見せる
  • 相手にうまく行動してもらうためには疑問的メッセージを使う
  • バカのふりして、同じ内容を相手に伝える

この方法を教わったのは私の直属の上司からで、就任したばかりのころは怒りっぽくて、部下が誰もついてきてくれずほとんど孤立している状態だったそうです。

でも協力を求める謙虚な姿勢を続けていくうちに、周りの信頼が増えていき、与えた仕事を快く引き受けてくれるようになったとのこと。

私も上司から話を聞いてからすぐ実行に移しましたが、効果はかなりのもので先輩すら快く引き受けてくれるようになりました。人は謙虚さを忘れてはいけないなと感じた経験でした。


スポンサーリンク