【超簡単】職場の人間関係のコツ?対人関係を良くする褒め方

2019年10月5日人間関係解決

人に褒められていますか?「あなたはよく仕事を頑張っているね」とか「優しいね」なんて言われるとうれしいですよね。

褒められるのもうれしいですが、対人関係をもっと良好にするために、印象に残る褒め方のコツ3つ紹介していこうと思います。

私も褒め方のコツ3つを使っているんですが、褒めた相手が喜んでくれると自分もうれしくなって、ポジティブな関係を継続していく事が出来ています。 

【超簡単】職場の人間関係のコツ?対人関係を良くする褒め方


人を褒めていますか?

自分が褒められるのは、もちろん嬉しいことだと思いますが、相手も同じように褒められると嬉しく思ってくれますよ。

相手が喜んでくれたら「良いことしたな」と感じることができて、対人関係を良好にすることにも必ず役に立ちます。

普通に「優しいね」「かわいいね」「かっこいいね」と褒めることもいいですが、もっと印象や好感度を上げる褒め方があるため紹介します。

ここの褒め方と同時に、以前書いた記事「陰褒め」を利用すると人から好かれることは間違いないため、こちらもどうぞ。

職場の人間関係のコツ、心に響く褒め方

褒め方と言ってもいろんな方法があると思います。

かっこいいですね
かわいいですね
優しいですね

相手の良いところを探し出し、そこをポジティブな言葉で表現することを"褒める"と言います。

でも「かっこいい人」「かわいい人」「優しい人」は、言われ慣れていると思いませんか?

それが事実ですし、昔から変わっていないと思うので、たくさんの人に言われてきたと思います。

言われ慣れている人に普通に褒めても、相手の印象に残らないかもしれません。

どうせ褒めるなら印象残してもらって、好感度を上げていきたいですよね。

職場の人間関係のコツ、言い方を変えて褒める

褒める言葉を少し変えてみるのはどうでしょうか?

例えば

かわいいですね

という言葉を

幼くて愛嬌がありますね

という風に。

かっこいいですね

だったら

目を引くほど存在感ありますね

のように。

なにか、違うことに"例え"てみると、他の人との褒め方に「差」ができて、印象に残ってくれるはずです。

歌の歌詞でも「君が好き」を「君が大切」などに変えているものがありますが、それに似ていますね。

職場の人間関係のコツ、自分を落として褒める

単純に褒めるのは印象として残りにくいですが、相手を褒める前に自分を落としてみるといいかもしれません。

優しいですね

と褒める言葉の前に

自分にはそこまでやってあげれないですよ、優しいですね

という風に、自分と比較して「自分より上」だと思わせることができれば、相手の好感度をグッと上げることができます。

注意点としては「自分を下げすぎる」と冗談に聞こえてくるので、印象には残るかもしれませんが、好感度はあまり上がらないと思います。

職場の人間関係のコツ、欠点を褒める

自分の欠点は好きですか?

欠点は自分のコンプレックスであることが多いです。

そのコンプレックスを褒めることで、相手は「受け入れてくれる」と感じ印象に残ってくれるかもしれません。

例えば

根暗な人

に対して

穏やかで、物静かな人

と褒めたり

怒りっぽい人

に対して

自分の正義を持っていて、主張ができる人

と、褒めれば悪い気がしませんよね。これはアンビバレンスの法則を使っています。

アンビバレンスの法則とはアンビバレンスとは「両面感情」という意味で、違う感情一緒に持っていることを言います。
人には「表の顔」と「裏の顔」があり、「表の顔」は社会性のある、他人と付き合っていくための「感情」です。
「裏の顔」は本来の自分の「感情」で、誰にも気を使っていない普段の状態です。

例えば、お母さんまたは奥さんがあなたに怒っているときに、インターホンが鳴ると笑顔で"お客さん"に対応しますよね。

怒っているときは「裏の顔」

お客さんに対応しているときは「表の顔」

を使っている状態で、人は二面性があるということです。

「裏の顔」は気を使っている他人には、あまり見せたくないものですよね。

この方法で、相手の「裏の顔」の本来の姿を褒めると、相手の印象に残り喜んでくれます。

今回参考にさせてもらったのは、メンタリストDaiGoさんの「メンタルハック大全」です。
文章が読みやすく、知識としても入れやすかったです。
褒め方以外にも"好かれる話し方"や"嫌われる話し方"のことについても書いてあって、日常生活の中でも「すぐ使っていこう!」と思えることが、書いてありました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ

まとめ

  • 印象に残して好感度を上げる褒め方をする
  • 普通に褒めるより、ひと手間加える
  • 「裏の顔」は本来の自分

人を褒めるのは照れ臭いところがありますが、褒められて「嫌だ」と思う人は少ないと思います。人を褒めることで「良いことをした」と思えるため、仕事に対しても前向きな姿勢に慣れるので良いこと尽くしですね。

スポンサーリンク