【超簡単】職場の人間関係をよくする禁断の裏技【共通意識】

2019年10月5日ブラックマインド, 人間関係解決

今回紹介するコミュニケーション方法は、悪用禁止、乱発禁止です。「この人と仲良くなりたい」「このグループに所属したい」と思ったことありますか?

これは裏技的なもので、特定の人にしか効果がなく、使いすぎると会社に居ずらくなります。人間関係がよくなる一方で、評判が悪くなる可能性のある禁断の方法です。紹介するのは“共通の意識を持つ"と言うことで、同じ方向を向いて「仲良くなった」と錯覚させるものでもあります。

私もこの方法で特定の人と仲良くなっていましたが一時的なもので、使いすぎるとのちのち痛い目にあいました。

【超簡単】職場の人間関係をよくする禁断の裏技【共通意識】

今回紹介するのは“共通の意識"を持つと言うもので「この人」または「このグループ」と仲良くなりたいと、思った場合に使うと効果があります。

「この人」や「このグループ」みたいに特定の人に大きな効果を発揮しますが、効果を発揮する一方で使いすぎると、いずれ「嫌な人」扱いされてしまいます。

その為、短期的に使用するか、自分の目的が果たされるまで使用し、どこかのタイミングで転換していく必要があります。

人間関係をよくする禁断の技、共通意識


共通の意識を持つことは人と仲良くなる、最大の近道です。

「この目標のために頑張ろう」とか「このゲームを一緒に使用」とか、共同で作業や方向性を持つことで"仲間意識"が芽生え「この人とうまくやれるかも?」と思われます。

こんな経験ありませんか?

何か同じ趣味をきっかけに急激に距離が縮まった事。

共感しあうことで「話が合う」「わかってくれる」と感じ、人との距離はとても身近なものになります。

「共感力」について以前の記事で触れています。目次から「上手なしゃべりかた」まで、飛んでください。

悪用厳禁!共通意識

共感意識を持つことに簡単なことは、同じ"目標"を作ることです。

「ここをクリアしたい」とか「売り上げを伸ばしたい」とかですね。

もし同じ目標がなく、特定の人と仲良くなりたいなら、かなり効果的な方法が一つあります。

共通の敵を作ること

先輩から、こんな事言われた経験ありませんか?

「あの人裏では悪いことしているから、気を付けた方がいいよ」
「あの人仕事できないから、みんなから嫌われてるんだよ」

言った本人は自覚していないと思いますが、共通意識を持ち仲間に"引き込もう"としている行動です。

なぜこのような行動に出るのでしょうか?

共通の敵を作り、団結力を高め「仲間がいるんだ」と安心感を得たいから

「あの人は間違っている」「自分は正しい」そう思えることで楽になり、楽な方に人は集まってくる傾向にあります。

きつい思いはしたくないですもんね。自分も楽したいですよね。

そのため「共通の敵を作る」ことは、特定の人と仲良くなるには、かなりの効果を発揮してくれるでしょう。 

職場の人間関係で禁断の対処法の意味

なんとなーく「悪用できない」「禁断の対処法」だと言っている意味が分かってきたと思います。

特定の人と仲良くなれたとしても、その他の人からは嫌われる行動だからです。

以前の記事でも触れているんですが、ウィンザー効果で悪評がどんどん広まっていきます。

私も過去に「共通の敵」を作り、会社でうまくやっていこうと思いましたが、結局は「陰口ばかり言うやつ」と周りから認識されてしまい失敗しました。

こう言われると「そんな技は使わない」「そんな危険な行動はとらない」と思われるでしょう。

ただ一定の効果は認められるため、必要な分だけうまく使えば、他人の評価を得ることができて、人間関係の波に簡単に乗ることができます。

私が失敗した理由は自分の中で条件を持たず「むやみに使ってしまった」というところにあります。

職場の人間関係で禁断の技をうまく使うコツ

だらだらと常に使い続けるものではなく、一定の条件を持って使用すれば、より効果的なため3つに分け紹介します。

①期間を定める
②ある程度仲良くなったら、切り替える
③敵本人の前で使う

①期間を定める

自分の中で期間を定めて使い、短い期間でスパッと止めることです。

会社に入ったばかりのころなどは、中々人と話すのも難しく、うまくコミュニケーションを取れないと思います。

その時に利用すれば、うまく人とのやり取りを出来ると思います。例えば

「あの人この前、挨拶しなかったのよ」

と先輩が言っていたとします。

「私にも挨拶返してくれませんでした!」

と、共感しながら共通の「敵」を作っていけば、相手は「分かってくれる」と感じるでしょう。

ただし、仕事に慣れてきたらこの方法はすぐに止めましょう。大体3か月くらいで仕事場の環境に慣れてくると思うので、長くても3か月を目安に使っていくのがいいと思います。

②ある程度仲良くなったら、切り替える

特定の人たちとある程度仲良くなったら、止めることです。

自分の求めている、好感度あたりまで行ったら「敵」を作ることを止めて、普通通り人とコミュニケーションを取ります。

そのあとは、何事もなかったかのように振舞っていれば「一時的なものだったのかな?」と思われて終わり、尚且つ「共通の敵」が居た特定の人とも、うまくコミュニケーションが取れるようになります。

一時的なドーピングと思って使うのがいいですね。

③敵本人の前で使う

どういうことかと言うと「共通の敵」を作って、本人がいないところで言うと「陰口」になります。

陰口はすごく評価が落ちるため、リスキーな手段と言えます。

本人の前でいうのは「悪口」になります。もちろん言われた人は嫌な思いをするかもしれません。

ただ「陰口」より良いポイントは

この人は遠慮がないけど"素直"な人なのかもしれない

と、思われるところにあります。内容にもよるとは思いますが「素直」だと受け取ってくれる人の方が多くいます。

ただ度が過ぎた「悪口」は喧嘩になるだけなので、止めてくださいね。

共通の意識「敵」を作ることは、条件を守って利用してもらいたいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ

まとめ

  • 共通の敵を作って、特定の人とうまくコミュニケーションをとる
  • 共通の敵を作るときは、自分で条件を作る
  • 悪用しない、乱用しない

私もコミュニケーションにはだいぶ悩んできました。失敗しては転職、失敗しては転職を繰り返し「このままではダメだ」と思い、コミュニケーションの勉強をしました。今でも失敗はありますが、昔に比べると遥かにうまく人と関わっていく事が出来ています。生きている限りついて回る「人間関係」、失敗したからと諦めず、次を考えることがうまく世の中を歩いて行ける方法かなと思います。

それでも人間関係がうまくいかない人は、転職を考えたます。転職の考え方について知ってもらいたい。

スポンサーリンク